管理人

顕宗仁賢神社のヒノキ

6月の中旬、神戸の巨木めぐりで北区の山王神社に行った後、西区初となる巨木めぐりで顕宗仁賢神社へ向かいました。
顕宗仁賢神社は難しい字ですが、「けんそうじんけんじんじゃ」と読みます。
顕宗仁賢神社には神戸の市民の木に指定されたヒノキがあります。
神戸市のホームページによれば幹周が350cmです。

顕宗仁賢神社へは神戸電鉄に乗り木津駅でおります。
木津駅の2階の改札を降りると進行方向の奥に緑豊かな森が見えます。
その森の中央部に顕宗仁賢神社があります。

顕宗仁賢神社ですが、鳥居前の案内には次のように書かれています。
「古事記、日本書記によると、弘計(おけ)、億計(をけ)の兄弟王子の父(履中天皇の王子)が、雄略天皇に殺され、二人の兄弟はこの押部谷の細目家に匿われていました。」
「雄略天皇の次の清寧天皇には御子がなかったので、弟の弘計王が先に即位(484年)して顕宗天皇になり、兄の億計が次の仁賢天皇(488年)になったと書かれています。」
「この二人の天皇の実在がはっきりしていませんが、この二人の天皇をお祀りしているのがこの神社であるといわれています・・・」

顕宗仁賢神社
神戸市西区押部谷町木津569

顕宗仁賢神社のヒノキ
幹周:350cm
高さ:23.5m
所在地:神戸市西区押部谷町木津569 顕宗仁賢神社境内
備考:市民の木

神戸電鉄 木津駅

神戸電鉄 木津駅

木津駅

木津駅

幹周350cm、高さ23.5mのヒノキ

幹周350cm、高さ23.5mのヒノキ

顕宗仁賢神社 鳥居

顕宗仁賢神社 鳥居

そびえるように立つヒノキの巨木

そびえるように立つヒノキの巨木

ヒノキの巨木と拝殿

ヒノキの巨木と拝殿

ヒノキの巨木

ヒノキの巨木

見上げる

見上げる

顕宗仁賢神社 地図



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL : http://minnalink.kobe-ssc.com/kanrinin/wp-trackback.php?p=2306