管理人

ダイヤモンドプリンセス号 神戸初入港

先月の大型の豪華客船クイーンエリザベス号の入港に続いて、昨日の13日にはダイヤモンドプリンセス号が神戸に初入港しました。
もちろん、私は寄港地のポートターミナルにぱしったしだいです。
ε===ヘ(^▽゚)ノ イソゲー!!

いやはや、ダイヤモンドプリンセス号はでっかかった

ダイヤモンドプリンセス号の総トン数は115,875トンです。
クイーンエリザベス号の総トン数は90,400トンですから3万トン近く大きいんですからね!
このダイヤモンドプリンセス号は、2004年に三菱重工業長崎造船所で建造されたそうです。
神戸市によれば日本で造船された船としては最大のトン数だと言います。

ダイヤモンドプリンセス号の特徴ですが、専用バルコニーの付いた客室が多いことでしょう。
それぞれのバルコニーにイスが置いてあり船旅を楽しむんですね~
我々庶民にとっては、ちょっと別世界って感じです。
また、クイーンエリザベス号の全長が294m、全幅が32.3mです。
対してダイヤモンドプリンセスの全長が290m、全幅:41.5mです。
横幅があるのが特徴でしょうか?
それと、船の上の方に何かでっかいのが付いていて迫力がありました。
また、船首側から見ると船長室?らしいのが黒くて細長く、サングラスをかけているようにも見えました。

ダイヤモンドプリンセス
建造:2004年
総トン数:115,906トン
全長:290m
全幅:41.5m
イギリスの船舶会社のP&Oが所有・運航。

ポートアイランドからダイヤモンドプリンセス号を撮る

ポートアイランドからダイヤモンドプリンセス号を撮る

ダイヤモンドプリンセス号 全景

ダイヤモンドプリンセス号 全景

神戸大橋からダイヤモンドプリンセスを撮る

神戸大橋からダイヤモンドプリンセスを撮る

今回のダイヤモンドプリンセスのクルーズ内容は「Southeast Asia & Japan」です。
エキサイト翻訳で翻訳してみると「東南アジア&ジャパン」となります。
前港の寄港地が鹿児島で、神戸の次は横浜に向かうようです。

ダイヤモンドプリンセスの乗客をみていると、殆どの方が年配の白人の夫婦が多かったように見えました。
少しですがK1で活躍したマーク・ハント選手のような方も見かけました。
ニュージーランドからの乗船客が多かったのかもしれませんね。
マーク・ハントはサモア系ですし、ニュージーランドの先住民はサモア系のマオリ人ですから。

他の神戸に来る豪華客船は、アジア系の乗客もかなり多かったように思います。
その点で、入港地や観光地も変わってくるものと思われます。
ポートターミナルには京都ナンバーの観光バスがたくさん来ていました。
今回のダイヤモンドプリンセスの神戸入港では、午後2時入港、午後10時出港となっています。
年配の白人夫婦が多いのを見ると、観光バスで京都のワビ・さびを楽しむ方が多かったのかもしれません。
ダイヤモンドプリンセスは今まで大阪には入港していたのに、神戸には今回が初入港になったのはこの辺に理由があるのかもしれません。

停泊中のダイヤモンドプリンセス

停泊中のダイヤモンドプリンセス

ポートターミナル駐車場から撮る

ポートターミナル駐車場から撮る

神戸のゆるキャラ キャプテンタワー君

神戸のゆるキャラ キャプテンタワー君

追記)
神戸入港時のYoutube動画を貼りたいと思います。
すっごい迫力ですね!
そして、白い船体が美しい。

ダイヤモンドプリンセス Youtube動画



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL : http://minnalink.kobe-ssc.com/kanrinin/wp-trackback.php?p=3894